日本語形容詞形容詞

日本語の形容詞とは何ですか?

"形容詞は名詞であることの性質や状態を説明する言葉です:巨大な、犬のような、愚かな、黄色、楽しい、速い。彼らはまた名詞の数を記述することができます:多く、少数、数百万、11。

日本語の形容詞は、物事を説明するのに非常に便利であり、また非常に使いやすいです。

まず、私は形容詞の2つのタイプ、「私」形容詞と「ナ」形容詞を学ばなければなりません。

これがいくつかの一般的なI形容詞のリストです:

大きい

おおきい

大きな大きな

小さい

ちいさい

ショート

高い

高井

高価な

安い

安井

安いです

良い

よい

良い

悪い

ワルイ

悪い

背が高い

せがたかい

背が高い

背が低い

セガヒクイ

ショート

美しい

うつくし

綺麗な

痴しい

ミニクイ

醜い

それで、なぜ彼らはこれらのことを「i」形容詞と呼ぶのか、あなたはそれがすべて「i」で終わると思いました

今、私たちは2番目のタイプの形容詞「Na」形容詞を学ぶ必要があります。ここではいくつかの例を示します。

 

簡単

カンタン

単純な

複雑な

ふくざつ

複雑な

静かな

しずか

かなり

迷惑

めいわく

面倒な

それで、なぜ彼らはこれらのことを「な」形容詞と呼ぶのでしょうか。

それで、なぜ彼らは彼らを「な」形容詞と呼ぶのですか?まあ、これは私たちが名詞を説明し始めるときに来ます。

今度は大きい犬、小さい男の子および容易な質問のようなある名詞を記述し始めましょう。

「私」の形容詞ではそれは非常に単純です、私たちはただ名詞の前に形容詞を置きます。

おおきい本ビッグブック -大きい本 -おおきいほん

ちいさい気 -小さな木   –小さい木 -ちいさいき

ムズカシシツモン -難しい質問-難しい質問 -むずかしいしももん

ご覧のとおり、これらの形容詞を利用するのは本当に簡単ですが、名詞の前にあるだけで、何も変更しないでください。

Na形容詞では、これが「Na」の登場です。「Na」を使用するだけです。 名詞に形容詞を結合する。

下記は用例です。

カンタンなほん^簡単予約 -簡単な本 -かんたんなほん

静香なへや -静かな部屋-しずかなへや -静かな部屋

あなたが見ることができるようにあなたがするすべてはあなたが説明している事の前に形容詞の後に "Na"を追加することです。

ただし、「きれい」などの規則にはいくつか例外があります。きれいな「これは私で終わりますが それは実際にna形容詞です。このようなケースはいくつかありますが、それほど多くないので注意してください。すぐにこれらのいくつかの例外に慣れるでしょう。

これで、形容詞を日本語の名詞に追加できます。お元気ですか!

日本語を学ぶ オンラインで ボンドリンゴ ?