過去は過去です:日本語 形容詞 過去形:Hみなさん、未来の日本人マスターの皆さん!あなたは長い道のりを歩んできました、そして2020年へのあなたの旅にお祝いを申し上げます! 

あなたは今、いくつかの日本語に精通しています 形容詞。したがって、このレッスンでは、さらに一歩進んでいます!今日は、共役する方法を学びます 形容詞 過去の存在について話すために過去形に!

BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

過去は過去です:日本語 形容詞 過去形

さあ行こう!

TOP 15 BASIC Japanese i-形容詞 あなたは最初に日本語で知らなければなりません|日本語レッスン

日本人 形容詞 見直し

始める前に、いくつかの一般的なことを確認しましょう 形容詞 現在形で。日本語には2種類あります 形容詞: 形容詞 そして なー形容詞. 私-形容詞 で終わる ひらがな キャラクターい()、および 形容詞 で終わる()。以下の最初の表は、 私-形容詞、2番目は 形容詞.

私-形容詞</s></s></s></s></s></s></s></s>

日本人ローマ字英語
美しいうつくし綺麗な
忙しいいそがし忙しい
早いはやい早い/速い
新しいアタラシイ新しい
短いみじかい会ショート

NA-形容詞</s></s></s></s></s></s></s></s>

日本人ローマ字英語
危険(な)きけん(な)危険な
嫌い(な)きらい(な)嫌い/嫌い
ひま(な)ヒマ(na)空き(忙しくない)
大切(な)大雪(な)重要
元気(な)元気 (ナ)健康的/元気/元気

これで、いくつかの一般的な方法に慣れました。 私- そして なー形容詞、いくつかの文を作成しましょう!

今年の花は美しい! 
ことのはなはうつくしい!
今年の花は綺麗です!
あの崖は危険です!
あのがけはきけんです!
その崖は危険です!
BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

私-形容詞 過去形

共役するために 私-形容詞 過去形にするには、最後の文字いを削除してかった(カッタ). 

文章を正式にしたい場合は、(です)かったの終わりまで。

以下の表は、共役する方法を示しています 私-形容詞 過去形に。括弧内の単語は、文を形式にしたい場合にのみ追加されます。 

私-形容詞 (過去形)

日本人ローマ字英語
美し  ➝美しかった(です)うつくし  ➝ うつくしくしかったです美しい➝きれいだった
忙し  ➝忙しかった(です)いそがし  ➝ 磯がしかった忙しい➝忙しかった
  ➝早かった(です)はや  ➝ はやかった早い/速い➝早い/速い
新し  ➝新しかった(です)あたらし  ➝ あたししかった(です)新しい➝は新しい
  ➝短かった(です)ミジカ  ➝ みじかった(です)短い➝短い

今、私たちは共役する方法を知っています 形容詞 過去形にして、文章を作ってみましょう!ですが最後に付いている文章は正式で、ないものはカジュアルです。

例文(形容詞):

春の花は美しかったです。
春の華はうつくしかったです。
春の花はきれいでした。
私は先週忙しかった。
ワタシはセンシュウイソガシカッタ。
先週は忙しかった。
彼はマラソンで早かったです。
カレはマラソンで速かったです。
彼はマラソンに出場しなかった。
彼女のブラウスは新しかった。
カノジョのブラウスはあたらしなかった。
彼女のブラウスは新しいものでした。
健さんは若い時、足が短かったです。
けんさんはわかいとき、あしがみがかったです。
ケンが若かったとき、彼の足は短かった。

なー形容詞 過去形

活用するために 形容詞 過去形にするには、単にを省いて、どちらかだった(ダッタ)カジュアルな文章、またはでした(でした)正式な文章の場合。

以下の表は、共役する方法を示しています なー形容詞 過去形に。スラッシュの前の単語(だった)はカジュアルな機会に使用され、スラッシュの後の単語(でした)は正式な機会に使用されます。  

NA-形容詞 (過去形)

日本人ローマ字英語
危険➝危険だった/でした基研  ➝ 技研だった/でした危ない➝危なかった
嫌い➝嫌いだった/でしたきらい  ➝ きらいだった/でした嫌い/嫌い➝嫌い/嫌い
ひま➝ひまだった/でしたひま  ➝ ヒマダッタ/デシタ空き(忙しくない)➝空きだった(忙しくない)
大切➝大切だった/でした大雪  ➝ たいせつだった/でした重要➝重要でした
元気➝元気だった/でした元気  ➝ 元気 ダッタ/デシタ健康的/エネルギッシュ/元気➝元気/元気/元気だった

今、私たちは共役する方法を知っています 形容詞 過去形にサンプル文を作ってみましょう! 

例文(形容詞 過去形):

昨日雪で道路が危険でした。
きのうゆきでどろががきけでした。
昨日は雪のため、道路は危険でした。
私は子供の時、ブロッコリーが嫌いだった。
わたしは子供たちの時、ブロッコリイがキライだった。
子供の頃、ブロッコリーが大嫌いでした。
高校生の時は沢山ひまでした。
こうせいのときはたくさんひまでした。
高校時代、たくさんの自由時間がありました。
彼は少年の時、自転車が大切だった。
カレは少年の時、人生はガタイ大雪だった。
彼が少年だったとき、彼の自転車は彼にとって重要でした。
お祖母さんは40年前元気でした。
おばあさんは四十年前 元気 でした。
私の祖母は40年前は元気でした。

要約すれば

日本語には2種類あります 形容詞私-形容詞 そして なー形容詞。どちらも簡単に過去形に変えることができます。

あり 私-形容詞、単語の最後のいを削除し、かったに置き換えるだけです。文章を正式にしたい場合は、かった後にです。以下の表の違いをご覧ください。

きれいでした

カジュアルフォーマル
美しかったうつくしかった美しかったですうつくししかったです

あり なー形容詞、あなたはなを省略し、代わりにだったを追加します。正式な文章では、だったのではなくでした。違いは次のとおりです。 

きれいでした

カジュアルフォーマル
危険だったきけんだった危険でした気分でした

これで新しい 文法 あなたのベルトの下にポイント、それがそこに出る時間です 練習!過去の在り方について、日本語を話すパートナーと話し合ってください。両方を利用してください 私-形容詞 そして 形容詞 2つの違いに慣れるためです。

覚えておかないと、新しい言語を習得することは不可能です。 練習!そしてもしあなたが 練習 毎日、あなたのスキルはさらに速く研ぎます!したがって、2020年の目標にしましょう 練習 毎日日本人! 

日本語を学ぶ 形容詞ボンドリンゴ?

BondLingoで日本語をオンラインで学びますか?
日本語を学ぶ オンラインで ボンドリンゴ?

日本で勉強?

日本で勉強?
日本で勉強?

オススメ

否定形:否定のために形容詞に嫌いを加える
条件を形成するために日本語の形容詞にfitを付ける