日本語の粒子で(de): に焦点を当てる記事を取りましょう 粒子 で(de)。 粒子 can be very confusing. But once you get used to them and learn all the different ways to use them, you’ll be able to say exactly what you mean in Japanese.

粒子 are something we don’t really have in English. They fill a lot of 文法 そのため、それらを正しく使用する方法を知るのは少し難しい場合があります。この記事では、使用方法を理解できるように、主に4つの用途に分けて説明します。 

私の頭の中でいつも翻訳するのは「手段によって」です。これは特定の文脈では少し不格好になることがあり、常にきれいに翻訳されるとは限りません。しかし、この翻訳はのさまざまな使用法とかなり一致していることがわかります。最初の使用を始めましょう。

BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

The Japanese Particleで(de)- ロケーション

で場所をマークできます。これは、最も一般的な使用方法の1つです。 粒子 で。また、覚えるのが最も簡単です。 

これで難しい部分は、これが指向性ではないことを覚えているだけです 粒子。何かが起こった特定の場所を示します。駅で友達に会ったら

「駅で会いたい」(駅で会いました)。

多くの場合、この状況では「で」と翻訳できますが、常にではありません。 「オン」や「イン」のような他の言葉になることもあります。また、存在の場所を示すことはできません。に位置をマークするには、に(ni)を使用する必要があります 動詞 いる(iru)とある(aru)。 

The Japanese Particleで(de)– 使用されるもの

日本の粒子

この使用は、最初の翻訳と「最良の方法で」一致します。でを使用して何かを示すことができます 動詞。それは、道具、手段、材料、時間、またはお金かもしれません。これのいくつかの例を見てみましょう。

楽器の場合(必ずしも音楽とは限りません)、バスでどこかに行ったと言えます。あなたは言うだろう

「バスで行きました」(バスで行きました)。 

これを「バスで行った」と翻訳することもできます。繰り返しますが、英語では不格好ですが、理解するのは簡単です。 

手段について話しているなら、日本語を使って話したと言えるでしょう。それは

「日本語で話した」(日本語で話した)、または「日本語で話しました。」 

材料については、家は木でできていると言えます。 「木でできます」(木でできています)または「木で作られた」と言うでしょう。 

何かに使われた時間について話したいなら、何かをするのに3日かかったと言えます。あなたは言えた

「三日でできました」。 

どれくらいのお金を使ったかと言うと、500円で何かを買ったと言えます。あなたは言うだろう

「Go-hyaku en de katta」(五百円で買った)。 

The Japanese Particleで(de)–原因または理由

で2つのものの間の弱い因果関係を示すために使用できます。少なくとも、それは私の方法です 文法 本はそれを置きます。基本的に、何かの説明をマークするために使用できます。

病気のために仕事に行かなかった場合、あなたは言うことができます

「びょうきでやすみました」(病気で休みました)。 

強風によって何かが倒れた場合、あなたは言うことができます

「風で落ちた」(風で落ちた)。 

The Japanese Particleで(de)– 終点

この最後の使用法はかなり具体的です。で、終了点または変更点をマークすることがあります。クラスが3時’クロックで終了する場合、あなたは言うことができます

「さんじでおわります」(3時で終わります)。 

この使用は非常に特定の時点を示すことを覚えておくことが重要です。ロケーションの使用と同様に、英語の「at」に非常によく翻訳されます。時間の長さについてもっと話したい場合は、「kara」(から)と「made」(まで)を使用できます。これらを使用すると、「このクラスは1時から3時になります」と言うことができます。

「このクラスは一字から三字になりました」(このクラスは一時から3時までです)。 

で同じ時間の経過を表現することはできません。特定のポイントです。

BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

The Japanese Particleで(de)– での他の用途

これは、の使用の完全なリストではありません。ただし、おそらく最も一般的な4つの用途です。これらの使用法を学習することで、これをかなりよく理解できます。 粒子、しかし、私はあなたが聞くかもしれないいくつかのより多くの使用法を単につやつやにしたいと思い、あなたはおそらく使用法を学ぶべきです。 

The first is で used as a sentence connector. Some people will use this kind of like the word “and.” If you’ve been studying 粒子, you’ll know that the 粒子 for “and” don’t really work for connecting sentences together. で does work, in some situations. 

You can put で after a na-形容詞 or noun to connect it to something else in the same way we use “and.” You can say

元気 de…” (元気で…) meaning “He is well and…” 

または

「高校生で…」(高校生で…)は「彼女は高校生で…」という意味です

また、他の多くに添付されている 文法 構造。私に思い浮かぶのは「である」(である)です。これは大まかに「ある」ことを意味しますが、「アル」とは異なる使い方があります。 

何かを聞けば聞くほど、それが聞こえてくるので、で耳を傾けてください。それは非常に一般的です 粒子 日本語で学習し続けることで、使い方を知っていることは間違いなくプラスになります。

BondLingoで日本の有名な漫画の引用を学ぶ

日本で勉強?

blank

オススメ

[概要] 12よく使われる日本の助詞パーフェクトガイド
日本語の助詞ga(が)は、文の主題を示します
日本語の助詞を勉強しよう:に(ni)、へ(e)、で(de)!