意味を理解する- 形容詞 との- 形容詞 :形容詞 日本語を勉強し始めてから無意識のうちに使っていること。いつものように、すべてを1つのブログに収めることはできませんが、na-を理解できるように最善を尽くします。 形容詞 といいえ- 形容詞.

日本語について質問してください!

比較対照

上で述べたように、両方とも形容詞 といいえ-形容詞 日本語を勉強するときに学ぶ基本の一部です。今日の読者のほとんどは、おそらく彼らがどのようにna-について学んだか、少なくとも聞いたかについて考えるでしょう。 形容詞 iiと一緒に-形容詞 しかし、聞いたことがない–形容詞 前。はい、あなたは私たちを聞いた、私たちは言った–形容詞。聞いたことがあると思いますし、なに精通していると思います。 形容詞 しかし、無意識のうちに、あなたは何も使用していません-形容詞 日本語の基礎を勉強し始めてから!鳴る(おんのこ:女の子)はベルを鳴らしますか?さて、私たちは両方のna-についてもっと話します形容詞 といいえ-形容詞 以下にあなたを助けるためのいくつかの例と一緒に準備をして男の子と女の子を締めてください!

な- 形容詞

日本語を学ぶとき 形容詞、あなたは通常ii-に紹介されます形容詞 とna-形容詞. Ii-形容詞 これらの単語は名詞を修飾し、iiで終わるため、非常に自明です。 Na-形容詞 ただし、-iiで終わらないでください。基本的に、次のように名詞として機能します。 活用 両方のルールは同じです。また、na-形容詞 の間にな(na)を付けることで、名詞を直接変更できます。 形容詞 と名詞。これが例です。

不思議(伏木:不思議)+な(な)+本(本:本)= 不思議な本 (伏木な本: 不思議な本)

上記の例からわかるように、記述または変更しようとしている名詞は、な(na)の後にあり、な(na)の前の名詞は、その後に見つかった名詞を記述または変更しています。あなたの間のnaを決して忘れないでください 形容詞 と名詞!ここにいくつかの文の例があります。

輝(ひつよう:重要)+な(な)+手紙(てがみ:文字)= 五な表(ひつようなてがみ: 重要/必要な手紙)
鶴(キレイ:美しい)+な(ナ)+花(ハナ:花)= 鶴な花 (きれいなはな: 美しい花)
好き(すき:like)+な(na)+テレビ番組(テレビ番組)= 好きなテレビ番組すき na terebi bangumi: 私が好きなテレビ番組)
たい(たいへん:難しい)+な(な)+仕事(しごと:仕事)= 更な年(たいへんなしごと: 大変な/難しい仕事)

の- 形容詞

na-とは反対に形容詞、用語なし-形容詞 あまり人気がないので、このブログの前に聞いたことがないかもしれません!しかし、先に述べたように、形容詞 実際、日本語学習の初心者レベルからでもかなり一般的に使用されています。このコンテキストでの機能について説明する前に、 粒子 のが使用されます。 2つ以上の名詞の関係の所有と表現を表すために使用されます。また、覚えておいてください-形容詞 名詞を説明または変更するために使用されます。これらに基づいて、あなたはすでにどのようにノー-形容詞 作業。

いいえを要約すると-形容詞、na-と同様形容詞 形容動詞です。これは名詞がとして使用される場所です 形容詞 を配置することによって 粒子 その後。先ほどお見せした例を見てみましょう。

女(女:女)+の(の)+子(子:子)= 女の人 (次点の少女:女の子)

上記の構造を見ると、記述または変更しようとしている名詞は、の(no)の後にあり、の(no)の前の名詞は、その後に見つかった名詞を記述または変更しています。さらにいくつかの例を見てみましょう。

私(ワタシ:私)+の(no)+ペン(ペン)= 私のペン(わたしのペン: 私のペン)
(世界)+の(no)+デザイン(デザイン:デザイン)=だった (世界十のデザイン: 世界的なデザイン)
一番(西書:最初)+の(no)+写真(しゃしん:写真)= この写真(西書のしゃしん: 最初の写真)
なる(ほんとう:本物+の(の)+感情(きもち:気持ち)= 正しいの(ほんとうのきもち: 本当の気持ち)

上記の例を見ると、このブログを読んでいる人なら誰でも突然「あはは!」と思ったはずです。瞬間。それはまったく複雑ではなく、おそらくこのブログを読む前にそれを使っていたでしょう。

いくつかの共通点 

はい、あなたはその権利を聞いた。幾つかある 形容詞 なORを使用できます。もちろん、両方とも同じ機能を持っています 形容詞 ただし、いくつかの単語の意味に微妙な変化がある可能性があることに注意してください。また、場合によっては、他の1つ(なORの)が他の単語と比較して特定の単語でより頻繁に使用される可能性があることに注意してください。以下の例を見てみましょう。 

 あの人はおだととたた普通の人だよ。
あのひとはゆめだとおもったけどふつうのひとだよ。
その人は有名だと思いましたが、彼はただの普通の人でした。その人は有名だと思いましたが、彼はただの普通の人でした。
普通(ふつう:普通)+の(no)+ひと日(人:人)= 普通の人 (普通の人: 普通の人)

ここでの普通(futsuu)という単語は、名詞のラベル付き、分類済み、または一般化された説明でより多く使用されます。スピーカーヘッドでは、人は有名または普通に分類され、この場合、その人は、性格ではなく、カテゴリに基づいて普通の人としてラベル付けされました。

アビさんの彼氏は普通な人ですよ。
あびさんのカレシはふつうなひとですよ。
アビスの彼氏は普通の人です。
普通(ふつう:普通)+な(な)+人(人:人)= 普通な人 (ふつなひと: 普通の人)

ただし、ここでのふつうの後にnaが続くのは、彼の性格をより具体的に表したものです。カテゴリはなく、主に人物の性格についてより多く回答します。

沢山あります 形容詞 なまたはのいずれかと互換性があるので、混乱しないようにリストをコンパイルしてみてください。また、意味の微妙な変化に常に注意することを忘れないでください。 

ここでこのブログを終了します。うまくいけば、この短いブログがあなたがな-をよりよく理解するのに役立つことを願っています。 形容詞 との- 形容詞。頑張って!

日本語について質問してください!

日本語を学ぶ 形容詞ボンドリンゴ?

BondLingoで日本語をオンラインで学びますか?
日本語を学ぶ オンラインで ボンドリンゴ?

オススメ

気分を日本語で説明する上位15の方法
知っておきたい日本の形容詞10