日本語の使い方 形容詞 形容詞けいようし:形容詞 名詞の存在の質または状態を説明する単語です。巨大、犬のような、愚かな、黄色、楽しい、速い。彼らはまた、名詞の量を説明することもできます:多く、少数、数百万、11。

BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

日本語の形容詞とは何ですか?

形容詞 日本語は本当に 有用 物事を説明するため、そして本当に使いやすい!まず、2つのタイプを学習する必要があります 形容詞、 "私" 形容詞 そして「ナ」 形容詞.

一般的な日本語の形容詞のリストは次のとおりです。

大きい

おおきい

大きな大きな

小さい

ちいさい

ショート

高い

高井

高価な

安い

安井

安いです

良い

よい

良い

悪い

ワルイ

悪い

背が高い

せがたかい

背が高い

背が低い

セガヒクイ

ショート

美しい

うつくし

綺麗な

痴しい

ミニクイ

醜い

それで、なぜ彼らはこれらのものを「私」と呼ぶのですか? 形容詞、あなたはそれらがすべて「i」で終わると推測しました

次に、2つ目のタイプを学習する必要があります。 形容詞、「Na」 形容詞。ここではいくつかの例を示します。

日本語の「な」形容詞

簡単

カンタン

単純な

複雑

ふくざつ

複雑な

静かな

しずか

かなり

迷惑

めいわく

面倒な

では、なぜこれらを「na」と呼ぶのでしょうか。 形容詞、基本的には…「i」で終わらないのに、なぜ「Na」と呼ぶのか 形容詞?さて、これは私たちが名詞を説明し始めるときに来ます。それでは、大きな犬、小さな男の子、簡単な質問などの名詞について説明しましょう。

「私」と 形容詞 非常にシンプルです。 形容詞 名詞の前。

  • おおきない本 - ビッグブック - 大きい本 - おおきいほん
  • ちいさいき-小木-東京木-ちいさいき
  • むずかしいしつもん - 難しい質問 - 難しい質問 - むずかしいしももん

ご覧のとおり、これらは簡単に利用できます 形容詞、あなたは単に名詞の前にそれらを置き、何も変更しません。今Naで 形容詞 ここが「な」の出番です。必要なのは「なな」を使用して 形容詞 名詞に。

下記は用例です。

  • カンタンな本^簡単予約 - 簡単な本 - かんたんなほん
  • しずかなへや-Quiet room-しずかなへや - 静かな部屋

ご覧のとおり、「Na」を後に追加します。 形容詞 そしてあなたが説明しているものの前に。

ただし、「きれい」「きれい」などのルールにはいくつかの例外があります。 形容詞。このようなケースはいくつかありますが、あまり多くないので注意してください。すぐにこれらのいくつかの例外に慣れるでしょう。

これで、追加できます 形容詞 日本語の名詞に。よくやった!

BondLingoで日本語の動詞を学ぶ

日本で勉強?

blank

オススメ

おそらく知らなかった10の日本語動詞