こんばんわこんばんは! : こんにちは、今日はどうですか?日本語で旅を始めたばかりで、なぜ多くの言い方があるのかと少し混乱しているなら こんにちは、心配しないでください。あなたが戻ってきました。今日は、「こんばんわ」の挨拶について話します。「こんばんわ」は、「こんばんは」の概念を英語で表現するのと同じように使われます。

あいさつ[あいさつ] –日本語初心者向け|日本語レッスン
BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

「こんばんわ」の使いこなし方

まずフレーズを分解し、それがどのように構成されているかを詳しく見ていきます。次に、この句を使用するタイミングと、その使用法を取り巻く他のいくつかのルールについて検討します。最後に、これを他の日本語の挨拶と比較して、混乱しないようにします。

よし、準備ができたら、さっそくジャンプして「コンバンワ」について学びましょう。

「コンバンワ」とはどういう意味ですか?

会話を始めるときに挨拶を使用することは、常に優れた砕氷船です。そのため、初心者であれば、基本的な挨拶をこなすことが非常に重要です。 

それでは、「konbanwa」は何を意味し、いつこのフレーズを使用する必要がありますか?さて、このフレーズを構成するために使用されるさまざまな要素から見ていきましょう。

こんこんこの
ばん禁止イブニング
は(ないわ)トピックマーカー

したがって、単語の最初の部分は「これ」を意味する「kon」を特徴としています。第二部は「夕方」を意味する「禁止」を特徴とし、トピックマーカーは和で終わる

さて、最初に気づいたかもしれませんが、ローマ字は最後に「WA」を使用していますが、 ひらがな 実際は「は」です。その理由は、英語では「HA」と発音しづらく、実際には「わ」のように聞こえるからです。これは常にトピックマーカーと共に表示されるため、この異常に慣れる必要があります。

ここでの直訳は「This Evening」です。あなたは本質的にそれがリスナーであることを、朝や日ではなく夕方であることを認めています。

英語とほぼ同じ時間、午後6時頃から朝まで使えます。

それでは、このフレーズをどのように使用しますか?まあそれは私たちが英語でそれを使用する方法とかなり似ています。通りを通り過ぎるときの単独の単語として使用したり、会話や雑談の開始に使用したりできます。素晴らしい会話オープナー。いくつかの例を見てみましょう:

こんばんは!今日のテストどうでしたか?
こんばんわ!今日のテストはどうですか?
こんばんは!今日のテストはいかがでしたか
こんばんは!今日は一日中雨が降っていましたね。
こんばんわ!今日は一番毎日雨がふっていましたね
こんばんは!今日は一日中雨が降っていましたね。
こんばんは!食べにいきましょう!
こんばんわ!食べにいきましょう!
こんばんは!食べに行こう!

これらの例からわかるように、英語での使用方法とよく似ています。氷を砕いて会話を始めるのに役立ちます。それも考慮されます 丁寧 夕方にも会話を始めるときに使用します。

混乱しないようにする他の同等の挨拶

これで、おはようとおはようの他の挨拶と混同しないようにするために、これをカバーしてこれを片付けます。

おはようございますおはようございますおはようございます
こんにちはこんにちわ良い一日

「おはようござます」は、おはようございます。お互いに似ていないので、これらのフレーズを区別するのにそれほど問題はありません。ただし、挨拶には注意が必要です。こんにちわ」という意味です。これは「コンバンワ」と非常によく似ており、基本的な構造は同じです。

してみてください 練習 1日のさまざまな時間にこれらのさまざまなフレーズを使用します。これは本当に挨拶に慣れるのに役立つはずです。常に支払う 練習 今日のすべての情報を確実に保持するための最も効率的な方法です。

皆さん、今日のレッスンを楽しんでいただけたら幸いです。先に述べたように、日本語の旅を始めたばかりの場合は、これらの基本とその背後にある理論を理解することが非常に重要です。してみてください 練習 これは、あなたがそれに慣れ、他の挨拶を区別するのに役立つように、可能な限り夕方に行います。

いつものように、コンテンツや質問について他にアイデアがある場合は、いつでもお気軽にご連絡ください。 皆さんから聞いて。皆さん、素晴らしい日(または夕方)を過ごしてください。そして、あなたの勉強を続けて頑張ってください。ボンドリンゴの今日のオンライン日本語記事を読んでくれてありがとう。 

こんばんわこんばんは!

BondLingoで日本語を学びますか?

BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

日本で勉強?

blank

オススメ

日本語の慣用句:なるほど(なるほど)
「道」を使わずに道を尋ねる:先住民のように話す