日本留学ビザの申請方法: あなたはそれをしましたか?日本の学校に入学しましたか?おめでとう!あなたは、世界で最も優れた国の1つで留学するための素晴らしい教育を受ける準備が整っています。しかし、あなたが受け入れられたからといって、あなたが日本に飛んで行き、 チューハイ。最初に学生ビザを取得する必要があります!今日は、昇る太陽の国で留学するための学生ビザの申請方法を概説します。

BondLingoでオンラインで日本語を学ぶ

学生ビザは必要ですか?

学生ビザは必要ですか?
学生ビザは必要ですか?

短期間で日本への留学を計画しているのであれば、日本の観光ビザだけで済むかもしれません。観光ビザは簡単に手に入れることができ(多くの国籍の人は国境警備隊ですぐに承認され、申請する必要はありません)、最長90日間その国に留まることができます。したがって、3か月以上滞在する予定がない場合は、このオプションのほうが適しています(つまり、学生ビザは必要ありません)。

しかし、人々は一瞬のうちに心を変えることが知られています。日本に到着して90日間滞在し、「あの学生ビザを申請できたらよかった。もっと長く滞在したい!」学生ビザでは、90日以上国に留まることができます(合計時間は法務省の決定により異なります)。したがって、90日以上滞在したい場合は、学生ビザのスポンサーになるかどうか学校に尋ねることをお勧めします。ただし、注意してください。一部の学校では、これを行う資格がありません。そのため、質問することが重要です。

申請する必要があるもの   

これらは、日本の学生ビザを申請するために必要な5つの書類です。 アメリカの日本大使館。この情報は、大多数の国籍に適用されます。ただし、そうは言っても、お住まいの地域の日本大使館のウェブサイトを確認するか、お住まいの国に固有の詳細については、その事務所にアクセスすることをお勧めします。

申請する必要があるもの
申請する必要があるもの   

1.署名付きの有効なパスポート

何よりもまず、ビザを取得するにはパスポートが必要です。パスポートをまだお持ちでない場合は、できるだけ早く対応することをお勧めします。申請、承認、受領のプロセスには数か月かかる場合があります。あなたは本当に最後の分までこれを保存したくないでしょう、さもなければあなたはフライトをキャンセルしなければならないかもしれません!また、パスポートの署名が他の法的文書で通常使用する署名と一致していることを確認してください。日本の当局はしばしば両者を比較します。

2. 日本入国ビザ申請書、完全に記入され、申請者によって署名された

これは、日本でビザを申請するすべての国籍の標準的なフォームです。記入するときは、日本語は見た目と完成度が非常に厳しいので、手書きを使い、書き損じや間違いがないようにして、必要なフィールドすべてに入力してください。また、回答が真実で正確であることも重要です。そうしないと、アプリケーションが拒否される可能性があります。また、ドキュメントをホチキス止めしないでください。代わりにクリップするか、フォルダに入れてください。 

3.上下の申請書に添付された2枚の写真(ビザ申請:2” x 2”、または45mm x 45mm、資格証明書:1.6” x 1.2”、または40mm x 30mm)

カラー写真の提出は、日本での申請プロセスの重要な部分です。入国管理局はこの写真を使用して、日本で常時携帯することが法的に義務付けられている日本のIDカードを貼り付けます。写真は過去6か月以内に撮影されたもので、背景が無地で肩から上を向いている必要があります。デジタルまたはコピーしたイメージにすることはできません。これのパスポートの写真にはフォトブースを使用した方がよいでしょう。また、写真が必要な測定値に適合していることを確認してください。そうしないと、アプリケーションが拒否される可能性があります。写真をページにホチキスで留めず、スティックのりで貼り付けます(日本で最も一般的な写真の貼り付け方法)。

4.オリジナル 「資格証明書」 そして1枚のコピー

このアプリケーションには2つの部分があります。最初の部分は1〜3ページで、申請者であるあなたが記入する必要があります。ビザフォームと同様に、すべての必須フィールドにできるだけきれいかつ正確に記入する必要があります。そうしないと、申請が拒否される可能性があります。 40mm x 30mmの写真を添付することを忘れないでください!

2番目の部分は4〜5ページで、学校が記入して処理します。つまり、この部分について心配する必要はありません。記入が完了し、法務省が承認すると、学校からこのセクションが郵送されます。

在留資格認定証なしで学生ビザを取得する方法はいくつかありますが、このプロセスには追加の書類と追加の頭痛が必要です(詳細については、地元の大使館のウェブサイトまたはオフィスをご覧ください)。私たちの意見では、資格証明書のルートに行く方がはるかに簡単です。 

5.あなたのID

フォームや書類を地元の日本大使館に提出する際、居住国の運転免許証や法的IDを求められる場合があります。これも一緒に持参することをお勧めします。

これで準備は完了です。

日本の学校に受け入れられ、ビザと資格証明書の申請書に記入し、必要なすべての書類を集め、点線ですべてに署名したので、今度は地元の大使館に行き、すべてを提出してください!頑張って、日本で素晴らしい経験をしてください!  

BondLingoで日本語をオンラインで学びますか?

日本語を学ぶ オンラインで ボンドリンゴ?

オススメ

日本語学校:茨城で学ぶ
日本語学校:京都で学ぶ