BondLingo Blog

Japanese Particles – 助詞について

もうすぐ日本語能力試験ですね。受験する皆さんは、準備が進んでいますか?

There will be a JLPT test soon. Are you preparing for it?

日本語学習者にとって、日本語の「助詞」は難しいポイントになると言われています。

It is said that Japanese particles are difficult to remember for learners.

日本語の助詞の分類については諸説ありますが、「が」「に」「を」「へ」「と」「から」「より」「で」「まで」の9種です。

There are various theories about Japanese particles. 9 kinds of particles「が」「に」「を」「へ」「と」「から」「より」「で」「まで」are mainly used.

助詞は、動詞によって何を使うのか決まる場合があります。したがって、助詞を名詞の種類によってのみ決めようとする学習者は、混乱してしまうことが多いです。

Verbs sometimes decides which particle we should use. Therefore, learners who tries to decide a particle with a noun sometimes get confused.

今日は、「場所」に続く助詞の「に」と「で」の違いについて考えたいと思います。

Today, let’s focus on the difference between 「に」 and 「で」 behind a noun about “PLACE.”

この二つの助詞も、動詞によってどちらを使うのか決まります。

These particles are the example that a verb decides a particle.

日本語の動詞は、「運動動詞」と「状態動詞」にわけることができます。

Japanese verbs are divided into “Action Verbs” and “State Verbs.”

「運動動詞」を使うときは、助詞「で」を使います。たとえば、「公園でランチを食べます」のような文が考えられます。

When you use an “Action Verb,” the particle would be “”. For example, you can make this sentence “公園で(at a park)ランチを食べます(I have lunch)”.

「状態動詞」を使うときは、助詞「に」を使います。たとえば、「公園に犬がいます」のような文が考えられます。

When you use an “State Verb,” the particle would be “”. For example, “公園に(at a park)犬がいます(There is a dog)”.

ただ、「行きます」や「引っ越します」のように、目的地を必要とする「運動動詞」を使うときは、目的地の「に」を使うことになります。

However, some action verbs which need a destination like “行きます(go)” and “引っ越します(move),” take a particle “” for a destination.

助詞は奥が深いですね。たくさん使って、慣れていくことが大事かなと思います。

The way to decide Japanese particles is a deep practice, isn’t it? Let’s get used to use it!

Check This article also…

How to Say “No” in Japanese Vol.1 | Learn Japanese online

Learn Japanese online with BondLingo ?

Do you learn more Japanese particles?